大型機械加工・インコネルやチタン・ハステロイ等の難削材加工、同時5軸マシニングセンター加工・ロボット部品加工に対応
大型機械加工 難削材加工(インコネル チタン ハステロイ) 同時5軸加工の技研精機 ホンダレーシング
大型機械加工 難削材加工 同時5軸加工の技研精機

学生の皆さんへ 2

現在どんなお仕事をされているのか教えてください。

本田

 お客様から受注した図面を元に、如何にすればお客様の要求が満たされるかを考えながら、加工工程を設計するのがメインの仕事となっています。例えば、ある部品を作る場合に、どの機械で、どんな順番で加工するのかといったことを考えるわけです。その中で、設計上の問題や加工の過程で問題が出た場合、その図面を引いた先方の担当者とやり取りをすることもあります。一日の仕事の流れとしては、毎日朝一番に前日に搬入している資材をチェックします。次に受注した図面の検討や工程設計、ブランク加工といったCADで工程ごとの形状を作っていく仕事です。受注してくる図面には完成した形しかないので、こちらで工程ごとの形状(ブランク図)を書き起こさなければなりません。仕事は、平行して幾つも抱えていますが、一日に1点程のペースで仕上げていきます。納期もまちまちで長いもので数ヶ月、短いと一日で仕上げるというものもあります。

田中(友)

 私は、立形のマシニングセンターを使って機械加工する仕事をしています。プログラムや形状を見ながら、どの刃物をつかってどう削っていくかなどを試行錯誤しながら作業を進めています。勤務時間は基本的に8時から5時ですが、4チームに分かれて月に一回1週間夜勤があります。納期に間に合わせるということは仕事をする上で大切なことです。納期内に収めるためには残業をする場合もありますが、仕事が好きなので責任を持ってやっていますので、その日のうちにやるべきことを終わらせて帰るように自ら心がけています。

この会社を選んでよかったと思うことや、仕事を通して得る達成感を教えてください。また、責任の重い仕事をされていることがよく分かったのですが、プレッシャーは感じますか?

本田

 この会社を選んだ理由は、新しいことに挑戦させてくれる社風があるということです。例えば、製造をする工程には一般的な製造のやり方が存在するのですが、より早くより簡単につくるために、そのやり方を変えて新しい製造の流れを提案しても否定せずに挑戦させてくれます。若くてもそういった発言や提案ができ、またその発言に耳を傾けてくれる所に当社のよさを感じます。また、当社に持ち込まれてくる仕事の中には、他社では製造不可能というものもあるので、期日内に製品として納品できるのかという問題に常に直面しています。このような難しい仕事はプレッシャーを感じ、途中で失敗することもありますが、そういったことを乗り越えて滞りなく納められた時に達成感を感じます。

田中(友)

 私個人は、モノを作ることにこだわって会社を選んだので、試作の仕事が多く、毎回違う物を加工する現在の仕事は、常に新鮮に仕事に取り組めるという点がよかったです。もちろん、試作ですから簡単な仕事はありません。難しいものや本当に加工できるのかを模索しながら加工しています。難しい工程作業をこなした時ほど、達成感があります。ただ、ロットの大きな加工だと不良品を出すことも織り込み済みですが、現在の仕事では試作部品なので、加工の途中で不良品を出せないということはかなりプレッシャーとなります。

難易度の高い技術が必要な仕事をされていることがよく分かりました。どのような研修プログラムが行われているのですか?

田中(博)

 入社後、約1ヶ月の期間で会社の仕事の知識を身につけられるように研修が行われます。最初の1週間は座学の講習会が行われます。それ以降は、現場を回りながら、ここにいる本田や田中なども講師になって、仕事の流れを身につけていってもらいます。1年半から2年後に仕事が任せられればと考えながら成長を見守っています。また、入社後の技能士修得の補助も積極的に行っています。
前のページ   次のページ


技研精機株式会社 技研精機株式会社 http://www.giken-sk.co.jp
本社 〒174-0051 東京都板橋区小豆沢4-18-19
TEL:03-3969-1391 FAX:03-3969-1393
(C) 2009 GIKENSEIKI Co.,Ltd.All Rights Reserved.